最新仮想通貨なび

仮想通貨と普通のお金との違い

仮想通貨は法定通貨と違い、制約が少なく運用しやすいというメリットがあります。
最大の特徴は国が管理をしていないという事です。
現在も毎月新しい仮想通貨が発行されており、今後様々な分野での発展が期待されています。

最大の違いは中央機関の有無

海外の銀行

いわゆる法定通貨は中央銀行によって統治され、政府の影響下にあります。
一方、仮想通貨に中央機関は存在せず、ユーザー自身によって信頼性が担保されているのが特徴です。
主な技術としてはブロックチェーンが知られており、取引データを塊にしてチェックしやすくします。
さらに取引データ同士をハッシュ値で紐付けることにより、不正や改ざんを抑止することが可能です。
こうした仕組みにより、中央機関がなくとも安心して暗号通貨をやりとりできます。

手数料の安さも仮想通貨の魅力

手数料の安さに喜んでいる女性

法定通貨の場合、送金には手数料がかかり、意外と負担になるものです。
海外への持ち出しを政府が禁ずることもあり、スムーズな取引の妨げとなってきました。
仮想通貨は、こうした面倒事を大幅に解消してくれます。
口座も世界共通であるため、手数料は安く、取引の制限もありません。
とくに国家統制が強い地域において仮想通貨が支持されているのは、このためです。
銀行の倒産に基づくペイオフの懸念もありませんので、資産を預ける動きも活発になっています。

仮想通貨で支払いもスマートに

お支払いをしている人

一度口座を作ってしまえば、暗号通貨はなにかと便利です。それはお金を貯めるだけではなく、使う際にも多くのメリットを享受できます。
スマホを介した電子決済などはその一例で、仮想通貨の残高さえあれば財布を持つ必要はありません。
海外ではデパートから露店に至るまで、あらゆる層に浸透しています。
日本においても、大型量販店や公共料金の支払いなどにも導入され、現在も進行中です。
電子マネーと並ぶ決済方法として、業界をあげて注目が集まっています。

現金化もできるから安心

日本のお札

やはり法定通貨に馴染んだ人にとっては、実態のない暗号通貨を不安視するのも無理はありません。
しかし取引所を通して、自由にお金に変えることができますから、心配無用です。
もちろん、仮想通貨を購入することもできますから、リスクを分散させるためにも有用といえます。
本質と利点は、自分自身で使いこなさないことには分かりません。
まずは口座を作って、仮想通貨の流行に乗り遅れないよう、身をもって体験していきましょう。