最新仮想通貨なび

今さら聞けない!仮想通貨の仕組みをわかりやすく解説

仮想通貨とは送金、支払決済などを現金を用いずに取り引き・やりとりができるお金の一種です。
現在では1000種類以上の新しい仮想通貨が発行されており、使用する目的や役割も各仮想通貨によって様々です。

インターネット上で利用する事ができる通貨

PCを使っている男性

仮想通貨とは、わかりやすく言えばインターネット上で使うことができるお金であり、暗号通貨やデジタル通貨などとも呼ばれます。
インターネット環境さえあれば、国境や時間さえも関係なく決済や送金に利用できる点が大きなメリットです。
また、決済や送金をする際にかかる手数料がクレジットカードや海外送金の手数料よりも低価格であることも嬉しい点です。
現在では、ビットフライヤー(bitFlyer)などの仮想通貨取引所だけでなく、家電量販店の「ビックカメラ」、海外旅行代理店の「HIS(エイチ・アイ・エス)」なども支払い・決済の際に仮想通貨が利用できるようになってきており、その可能性はどんどん広がりつつあります。

現金を介さないメリット

海外のお札

大きなメリットのひとつに、国内と海外の取り引きの際にその国ごとの通貨に換金する必要がないという点があります。
通常の国際通貨の場合は、その日の為替や流通量によってレートは刻一刻と変わり、それによって儲かるときもあれば大損してしまう可能性もあります。
しかし、デジタル通貨の場合はそういったレートの変動や面倒な手続きなどは一切不要で手間も掛かりません。
また、銀行などから海外へ現金を送金する際の手数料は、たとえばアメリカでも1回3000〜4000円もかかってしまいますが、仮想通貨での送金で送金をした場合はほとんど手数料がかかりません。
こういった点も仮想通貨人気が爆発的にのびる魅力の一つです。

ウォレットの使い方・仕組み

スマホでウォレットを操作している男性

ここでは仮想通貨を保管するのに必要なウォレットの使い方と仕組みを解説いたします。
例えば、現金を保管する時は銀行等をはじめとした金融機関で預金口座を開設して現金を保管するのが通常です。
同様に、仮想通貨を保管するのにもウォレットと呼ばれる預金口座のようなものが必要になります。
パソコンやスマホがあれば作成が可能です、必要なソフトをインストールして、デジタル環境で口座を作ることで仮想通貨を保管することができる仕組みです。
その口座のことを「ウォレット(英語で『財布』の意味)」と呼びます。
また、「ウォレット」はオンラインやオフラインでも作ることができ、自分に合った保管方法を選択できるのも魅力です。

簡単に使える・システム利用方法

ウォレット機能を嬉しがっている女性

ウォレットを開設したら、後は入金するだけ。
いくつかある取引所で、自分のウォレットへと入金すれば送金や取り引きに使用できます。
反対に、自分の口座・ウォレットに入金してもらうには、QRコードもしくはアドレスを通知するだけでOK。
簡単に使用することができます。
これによって、海外での買い物や取り引きはもちろん、世界の通貨への換金も可能です。
海外旅行先で困った際にも現金に替えて利用できるので、非常に便利です。