最新仮想通貨なび

48(よつば)ホールディングスが運営するクローバーコインの特徴とは?

注目の仮想通貨「クローバーコイン」
ここ数年急速に注目を集めている仮想通貨の中で、現在特に話題を呼んでいるのが「48(よつば)ホールディングス」が提供しているクローバーコインです。

クローバーコインとは

クローバーコインとは?

クローバーコインは、アルトコインの一種リップルの引換券で、登録料3240円を支払い一口購入すると20パーセント分が付与されるという仕組みです。
ちなみに、このリップルとは、Googleの子会社の「Google Ventures」やシリコンバレーで最も影響力を持つと言われている「Andreessen Horowitz」が投資したことからも注目を集めており、時価総額では既にあのビットコインを超えています。

クローバーコインは、このリップルの値打ちが上がるほど得をする上に、紹介者報酬というスタイルで利益を得ることが出来ます。
具体的には、知人に紹介すると購入者から集めた60パーセントの金額を報酬としてもらえると共に、知人が新たに顧客を獲得すればユニレベルボーナスがもらえるという内容です。
つまり、仮想通貨であると共にネットワークビジネスとしての一面も持っているということで、他のアルトコインとは違う特徴を備えています。

他の仮想通貨との違いと魅力

クローバーコインと他の仮想通貨の違いとは?

クローバーコインを一口(30000円)購入しても、実際に入手できるのは6000円分に過ぎません。
何故なら、残りの金額は運営側に6000円、紹介した人に18000円が報酬として支払われるからです。
つまり、それだけ紹介者の側が利益を得られる仕組みが構築されているということになります。

さらに、この6000円分のクローバーコインは、その時点でのリップル6000円相当の値打ちを持っています。
今後、この仮想通貨はかなり値上がりすると推測されており、こちらが高騰すれば紹介が上手くいかない場合でも元手を取り戻すことが可能です。
つまり、資産運用という側面も持っており、儲けるチャンスが多岐にわたっているということが魅力です。

なお、クローバーコインは自分のウォレットからプリペイドカードにチャージして、ATMで現金化が出来るようになります。
この様に、換金が簡単にできるということも他と比較した場合のアドバンテージとなっています。

48(よつば)ホールディングス株式会社の概要

48(よつば)ホールディングス株式会社の会社概要

クローバーコインを提供している「48(よつば)ホールディングス株式会社」は、北海道札幌市中央区に本社が所在している、代表取締役会長には「淡路明人」氏が就任しています。
独自仮想通貨の発行と販売を主な業務としています。
このビジネスモデルは、リップルが確実に上がることを前提としているのが特徴で、現金に換えるだけで利益を享受できるという仕組みです。

ちなみに、このアルトコインはIMF(国際通貨基金)に正規のデジタル通貨であると認められており、将来的にはアメリカドルの代わりになると言われています。
この将来性豊かなアルトコインを48(よつば)ホールディングスでは32億XRPも保有しています。

この32億XRPとは、世界に放出されている全合計金額の380億XRPの内の約9パーセントに相当する数字で、莫大な金額です。
言い換えれば、48(よつば)ホールディングスでは将来のアメリカドルの9パーセントも保有しているということで、この仮想通貨の主導権を完全に握っているということになります。
このために、かなり確実性の高いビジネスと評価されています。

注目の仮想通貨を入手する方法と将来性

クローバーコインの将来性

クローバーコインは、「48(よつば)ホールディングス株式会社」の公式サイトから販売されておらず、保有するためには紙ベースの手続きを進めなくてはなりません。
具体的には、48(よつば)ホールディングスの説明会に参加した後に、登録料として3240円を支払い、一口30000円で購入するという内容です。
この辺りは、取引所から直接購入できる他のアルトコインとは違っています。

ちなみに、会員になってからもクーリングオフ期間が20日間とられており、48(よつば)ホールディングスでは全額返金にも対応しています。
このために、利用者が不利益を受けない方法が用意されているということになります。

なお、2016年度末から「ニュークローバーコイン」というものが、48(よつば)ホールディングスから提供されており、こちらはスマートフォンのアプリやクレジットカードへのチャージが可能で、決算や現金化もできるようになっています。
48(よつば)ホールディングスでは、中国や韓国などのアジアへの進出も視野に入れており、今後はさらに使いやすいスタイルに進化していくことが予測されます。